経営理念って変えるものなの?

こんにちは。
CEOの中島文平(なかじまぶんぺい)です。

新型コロナウイルスの影響により、事業転換、業種転換、業態転換、事業再編をした企業やこれからおこなっていこうという企業が多くあると思います。

この事業転換、業種転換、業態転換、事業再編は、目先の展開や売上だけを意識しておこなってしまうと、一貫性のない事業になってしまったり、創業から大切にしてきた想いからかけ離れた事業になってしまう可能性があります。

経営理念に立ち帰って今後の事業展開を考えることが大切なのです。

コロナによって経営理念の大切さが注目されていますが、
「経営理念って変えてもいいの?」というお話をしたいと思います。

経営理念を変えたい

「従業員の気持ちをひとつにして一丸となって進んでいきたい。」

「経営理念はあるがお飾りになってしまっていて活用できていない。
改めて作り直して会社を活性化したい。」

「先代が作った経営理念が時代に合っていない気がする。
未来を見据えた経営理念にしたい。」

コロナの影響は関係なくても、経営理念が形骸化してしまっていたり、新たなチャレンジをしたい時や事業承継などにこのように考えている経営者の方もいらっしゃると思います。

経営理念って変えるものなの?

結論から言ってしまうと経営理念は変えて良いのです。

新たなチャレンジをしたい時や事業承継など、これからの会社の在り方を表明する時には、想いを新たな経営理念として伝えるべきです。

また、時代とともに会社のステークホルダーから求められるものが変わってきているので、会社の存在意義・想い・考え方・価値観の伝え方も変えていくことが必要になっています。

ステークホルダーから求められること〜
・ダイバーシティ
年齢、性別、国籍、雇用形態は多様化により従業員が会社に求めることは変わってきています。

・顧客の価値基準は変化
お客さまが求めるものは「モノからコトへ」そして「コトからヒトへ」と変わってきています。

・社会における企業の役割の明確化
CSR、SDGsなどにより企業が社会に対して取る立場の明確化が必要になってきています。

新しい経営理念に共感してもらうために

経営理念を変える時には、従業員やお客さま、取引先、株主、地域社会など多くのステークホルダーに変える理由を理解してもらう必要があります。

「社長が変わったから」、「時代が変わったから」、「コロナの影響を受けたから」ではなく、「社長が変わることによって〇〇を目指すから」や「時代の変化によって〇〇が変わったから」、「コロナの影響によって〇〇が変わったから」といった変えなければいけない本質的な理由を伝えられると、新しい経営理念に共感してくれるようになります。

経営理念を変えることで、会社を良くしていきたいという本気度が伝わりますし、注目を集めることもできます。

経営理念を変えることは簡単なことではありませんが、検討してみてはいかがでしょうか。