人材採用における経営理念の役割

こんにちは。
CEOの中島文平(なかじまぶんぺい)です。

当ブログにて、企業のライフサイクルの変遷の中で、経営理念をどのように活用するのかについて記事にしてきました。

今回は視点を変えて、人材採用における経営理念の役割というテーマでお話します。

求人情報の現状

従業員を採用するために、自社のホームページや求人サイト、会社・店舗の入口などで求人情報を発信することになりますが、時給、勤務条件、待遇、福利厚生、応募資格のみでは応募者にとって「ここで働きたい!」と思える情報提供にはなりません。

しかし、実際に求人サイトを見てみると、タイトル、サブタイトル、アイコン、会社や店舗の紹介文、募集要項欄に繰り返し何度も時給、勤務条件、待遇、福利厚生、応募資格のみついて記載しているという企業をよく見ます。

求人サイト内には同じような掲載内容の企業がたくさん並んでいるので、応募しようとしている人から見ると、どの企業がよいのか決めることができません。

人材採用にも経営理念が役に立つ

求人情報を発信する時に、他社と差別化を図るためには、変動的な要件である時給、勤務条件、待遇、応募資格では不十分です。

ここで働くことで得られるやりがいや充実感を知ってもらうために、会社が「どのような想いを持っているのか」、「どのような価値観を持っているのか」、「何を大切にしているのか」を発信する必要があるのです。
そこで、経営理念が役に立つのです。

応募者に「自分が仕事でしたいことを実現できそうだな」、「自分の大切にしていることを大切にしているな」と共感してもらうことで「ここで働きたい!」につなげることができるのです。

経営理念を人材採用するメリットは以下の通りです。

・経営理念に共感してくれる人の心に響くメッセージを発信できるようになる

・価値観や考え方が合うコミュニケーションが取りやすい人材を採用できる

・経営理念に共感した積極的、主体的な働き方をする人材を採用できる

経営理念を人材採用に活用しないとどうなるのか

応募者は、表面的な仕事内容や給料、立地などの条件で判断して応募することになるので、実際に働いてみたら、価値観や考え方は合わないことが多く、「思っていた会社と違った」になり、早期退職につながることになってしまいます。

また、条件重視で入社した場合、給料などがより良い条件のところが見つかれば、そちらへ転職してしまうことになります。

そして、早期での退職者が出てしまうと、採用活動と教育にかけた時間やお金は無駄になってしまいます。
さらに、他の従業員への影響も大きく、入社した仲間にすぐに辞められてしまうと負のスパイラルが起きてしまい、連鎖退職を招いてしまうことになります。

まとめ

人材採用に経営理念を活用するというと、大袈裟だなと思う方もいらっしゃると思いますが、どのような会社であるのかを知ってもらうためには、耳障りの良い言葉を並べても意味はなく、会社の価値観や考え方を伝えるべきです。

求人情報を発信する時には、経営理念をそのまま掲載しても伝わりにくいので、噛み砕いて表現するとよいでしょう。

想いや価値観に共感した人は、時給や勤務条件、待遇、福利厚生を重視して入社した人と比べて、在籍期間も長く、お客さまとの信頼関係も築きやすくなります。

人材採用へ経営理念を活用してみてはいかがでしょうか。