経験者と未経験者どちらを採用する?

こんにちは。
CEOの中島文平(なかじまぶんぺい)です。

今回はパート・アルバイトスタッフの採用について、コロナ禍の現状にも触れながら、経験者と未経験者という観点でお話したいと思います。

飲食店の現況

新型コロナウイルスの感染者数も減少し、飲食店への営業時間の短縮要請も解除されました。これまでやむなく営業時間短縮や休業をしていた飲食店は、ようやく攻めの営業ができるようになりました。

消費者もこれまで外食や飲み会を控えていた反動で、開放的な気分になってきています。このまま感染者の減少傾向が続けば、コロナ前と同じまではいかないまでも、年末に向けて会食や飲み会の機会も増加していくものと思われます。

コロナ禍の営業時間短縮や休業により、パート・アルバイトスタッフが転職や兼業をしていたため、現在所属しているスタッフ数が極端に少なくなっている飲食店が多くあります。

そのような状況の中で、多くの店舗が一斉に活動を活発化することによって、飲食店は人材不足に陥り、コロナ禍で飲食店での勤務から離れていた人材の獲得合戦が始まっています。

パート・アルバイトスタッフの新規採用

これまで働いてくれていたスタッフが戻ってきてくれたり、勤務日数・時間を増やしてくれればよいのですが、そうもいかない場合は、新規採用することになります。

新しいパート・アルバイトスタッフを採用しても、研修をしたり、育成したりする余裕がないので、即戦力となる経験者を採用しようという傾向があります。

現状を踏まえると、即戦力となる経験者を採用するという方法は正しいと言えますが、メリットだけではなく、デメリットも生じます。

経験者採用のメリット・デメリットと未経験者のメリット・デメリットについて整理してみましょう。

経験者

飲食店の場合ですと、経験者採用のメリットは、当該店舗で勤務した経験がなくても、飲食店運営に全般に共通する調理や料理の提供、サービス方法についての知識があり、業界の専門用語なども知っているため、業務・オペレーションへの順応性が高いことです。また、お客さまのニーズも知っているため、おすすめメニューの紹介もできるでしょう。
入社してから業務を担当できるようになるまでの時間が短く、コストも抑えることができます。

一方で、前職の働き方に固執してしまうとデメリットがあります。経験が長い程、その傾向が強くなり「前のお店ではこうだった」、「私はこのやり方のほうがやりやすい」となってしまいます。このマインドを改めてもらうには時間が掛かる場合もあり、そのまま独自の方法を続けてしまうと、お客さまからのクレームにつながったり、他のスタッフから不満が出ることになります。

未経験者

未経験者採用のメリットは、いちから教育するので、職場の働き方に馴染みやすいことです。何も知らない、知識がないので、教えられたことを素直に捉え、行動することができます。また、会社の理念への共感も生みやすいので、長期的に見ると、未経験者採用のメリットは大きいです。

一方で、知識・スキルがないため育成に時間がかかるというデメリットがあります。未経験者の採用も少人数であれば、周りのスタッフがサポートできますが、大人数一度に採用すると、目が行き届かなくなり、サービスの低下やクレームにつながる可能性があります。
通常であれば、育成する時間も考慮し、独り立ちしてほしいタイミングから逆算して採用、育成していきますが、現在のような特殊な時期では、このデメリットの影響は大きいと言えるでしょう。

まとめ

スクリーンショット 2021-10-30 20.16.54

ここまでお話してきたように経験者、未経験者どちらにもメリットとデメリットがあります。

現在の特殊な時期では、経験者を採用するメリットが大きいですが、長期的な視点を持ち、未経験者の採用も積極的に行うとよいでしょう。