philosophy consulting 経営理念策定浸透

philosophy consulting

経営理念策定浸透

企業の経営活動の基盤をつくる
理念策定浸透コンサルティング


こんなシーンでの課題解決に

経営理念を新しく作りたい

会社を設立したので一緒に働く仲間にどんな会社にするのかしっかり伝えたい

これまでは、従業員とは毎日顔を合わせることで感覚的に想いや大切にしていることを伝えていたが、規模拡大に向けて経営理念という形にしたい。

今ある経営理念を見直したい

経営理念はあるがお飾りになってしまっていて活用できていない。

改めて作り直して会社を活性化したい

先代が作った経営理念が時代に合っていない気がする。

未来を見据えた経営理念にしたい。

経営理念を企業の経営活動の基盤として機能させるためには、
大きく2つのポイントが大切になります。

①自分たちの想いを適切に「経営理念」として落とし込むこと
②「理念を従業員へ浸透」させ、「お客さまへ発信」すること


リネンでは、経営理念を策定するだけではなく、
機能させるための共有・浸透のステップを大切にしています。

「機能している」経営理念のもたらす効果

集客:情報発信

お客さまの記憶に残るメッセージを発信し、
利用意向を高めることができる

集客:来店・利用

一貫したサービスにより満足度を高め、
ファンをつくることができる。

人材育成:上司・先輩・トレーナー

会社が求める人材を理解し、ブレなく育成できる

人材育成:部下・後輩・トレーニー

自分が求められる役割を理解し、
主体的な行動を取ることができる

人手不足:採用時

経営理念に共感してくれる人材を採用できる

人手不足:入社後

愛着(エンゲージメント)や帰属意識を高め、離職者を減らすことができる

サービスご利用の流れ

リネンの経営理念策定浸透

1|現状把握

2|理念策定

3|共有ツール作成

4|理念共有

5|理念浸透

1|現状把握(期間の目安:1ヶ月)

経営理念を策定するためには、創業の動機、これまでの会社の歴史、会社の置かれた状況(内的・外的)、将来のあるべき姿を整理し、客観的に把握する必要があります。

弊社がサポートに入ることで、社内では気付くことのできない強みを認識することができます。

2|理念策定(期間の目安:3ヶ月)

はじめに、経営者がどのような会社にしたいのかの方向性を定めた上で、各部署から従業員を集めプロジェクトチームを編成し、経営理念を策定していきます。
経営者が一方的に策定するのではなく、全社的なプロジェクトとすることで従業員の共感を生み、自分ごととして捉えられる経営理念にすることができます。

弊社がサポートに入ることで経営者、従業員、第三者の3つの視点で多面的に評価することができ、社内だけでなく社外(お客さま、取引先、社会)に対しても自社らしさを表現することができるようになります。

3|共有ツール作成(期間の目安:2-3ヶ月)

経営理念を共有するための冊子やカードなどのツールを作成します。

共有ツールは、従業員はもちろんのこと、お客さまや取引先、新規採用人材、社会に対しても自社の経営理念を共有する重要な役割を担います。

4|理念共有(期間:実施内容により変動します)

共有ツールを活用し、策定した経営理念を従業員に共有します。
まずは経営理念をどのように共有するのかを事前に経営者と打ち合わせをした上で、従業員への共有会を実施します。
共有会実施後には経営理念の理解度のアンケート調査を実施し、次のアクションにつなげられるようにします。

5|理念浸透(期間:実施内容により変動します)

経営理念を理解しているレベルから共感し、行動できるレベルに引き上げるためには、継続して取組みを行っていく必要があります。
会社の状況やニーズに合わせて、社内の定期ミーティングや導入研修、表彰、評価制度等の導入支援を行います。

コンサル内容のカスタマイズもできます

本プランは経営理念の策定からトータルで実施するコースですが、
会社にすでにある経営理念を活用して「共有ツールの作成をしてほしい」「理念浸透の支援をしてほしい」というご要望にお応えして、それぞれの個別プランもご用意しています。
もちろん必要なプランをいくつか組み合わせて実施するといったカスタマイズも可能です。
初回相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください!